ノベルジャム NovelJam 2018とは?

「NovelJam 2018」は、「ゼロから小説を書き上げ編集・校正して表紙を付け「本」にして販売までを行う『短期集中型の作品制作・販売企画』」のことです。日本独立作家同盟によって2018年2月10日から12日まで開催され、16の作品がこのわずか3日の間に執筆され、編集され、表紙をつけた本として刊行されました。
 すでに2回目となったこの催しですが、1回目と大きく違う点はいくつかあるのですが、たとえば作家、編集者、デザイナーでチームを組むにあたって会場でチーム編成が決まる点、そして3日の会期が終わったあとに「NobelJam2018グランプリ」(3月26日開催)というイベントを設けた点です。すでに最終日に審査によって各賞が決まっているものの、その後のプロモーション、販売実績などを加味したアワードを設けたことです。

 なお今回のお題は「平成」でした。

 作品の購入はこちらから、できます。まとめて全作品購入もできます。
 それでは、作品をランダムに1作ずつ読んで、紹介していきます。したがって順不同。また実際には各賞が決まっていますけど、それも考慮せずに読んでいます。

魔法少女リルリルリルリと俺の選択』 アンジェロ(著) ハギヨシ(編) 古海あいこ(デザイン)著

 ~感想は後日~読後感○

『グッバイ、スプリング』

グッバイ、スプリング』 寧花(著者)小野寺ひかり(編集者)山家由希(デザイナー)著

 思いがけなくグッとくる。そんな作品。主人公の女性は、自身の死を予告された法医学者。ふと立ち寄ったカフェであるカップルの別離の場面を目撃する。美しい女は男をなじって去り、男は残される。別の日、同じ店で男は主人公に接近してきた。そして男から美しい女の話を聞く。生と死が交錯する瞬間を描く。著者の柔らかな眼差しを感じる。しかし設定に馴染めない読者もいるかもしれない。こうした立場になった法医学者はこのような言動をするだろうか、そのようなことのあった男は法医学者に接近するだろうかなどなど。全体を包む柔らかさ。そして、読んでいる間の心地よさ。読んだあとのこちらの気持ちの変化もよかった。読後感◎

『ユキとナギの冒険』

ユキとナギの冒険』 牧野楠葉(著) ハギヨシ(編) 古海あいこ(デザイン)著 

 疾走感、切羽詰まった焦燥感、スピード感。いろいろ感じる作品。著者の持つ出口なきパッションが暴れ回っている。2日で書くノベルジャムに漂う雰囲気がそうさせたのか。著者の根源的なものか。過激な語感を楽しみつつ女たちの暴走を応援したりヒヤヒヤしたりうんざりする。言葉の選択は吹っ切れている。だからといって卑猥ではない、あけすけである。軽薄なわけではなく、裏表のないストレートな表現は読者になにかしらの痕跡を刻もうとするだろう。読者にナギの手にしたナイフのように直接届く言葉を模索する著者。それを受け入れるのか、拒絶するのか。この冒険の行き着く先は70年代のアメリカン・ニューシネマ的でもある。もう少し長く楽しみたかった。読後感○

『ツイハイ』

ツイハイ』 渋澤怜(著) ふじいそう(編) 澤俊之(デザイン)著
 さあ、来たな、という感じ。一筋縄ではいかない作品の登場。サラッと読んでしまうと実はつまらない作品なのだが、まばたきせずにきちんと読むと(そんなことはできないが)、洪水のように飛び交う言葉の中から見えてくる地平があるのです。1度でそれを感じないときは2度読むといいかもしれません(私もそうしましたが)。語りはじめるとたくさん語ることになりそうなので自制しますが、もともと日本では落語や漫才などコール&レスポンス型の「話芸」があり、それが「語り」であって現代語の小説や物語にも反映されてきた経緯があります。筒井康隆を引っ張り出すまでもなく、こうした作品はむしろ私たちの中にあるものだと感じました。読後感○

『オートマティック クリミナル』

オートマティック クリミナル』 高橋 文樹(著) 澁野 義一(編) 嶋田 佳奈子(デザイン)著

 システムによって安全が保たれた町で、なぜかある年齢の子だけが交通事故の犠牲になる。自分の妹を事故で失ったハヤタは、その原因を解明しようとします。彼が知ることのできた真実とはなにか。「クリミナル」は犯罪のこと。つまり自動犯罪。自動と児童を掛けたのでしょうか。この未来では、人々は階層を固定化されてそこから脱出するためには大変な努力が必要となります。ハヤタは1万8000時間も労働しなければ大学受験資格を得られません。年齢に関係なく働くのが当然になっているのです。8時間労働としてざっと6年半ぐらい働かないと大学にも行けないのです。この作品はSFらしい世界を巧みに表現しています。考えさせられる社会派的な要素を取り入れた意欲作です。読後感○

『バカとバカンス』 

バカとバカンス』 天王丸景虎(著) 野崎勝弘(編) 波野發作(デザイン)著

 壮大なテーマを俯瞰部分と尖端の部分から描き出しています。私たちがなぜいるのか、という永遠の命題に触れつつ、著者特有の語り口によっていい意味での軽さが保たれ、最後までスムーズに楽しく読める作品です。大きな話をいかに「小説」として可能な限り短く、読者の負担が少ないパッケージとして提示できるか。そんなことを本作を読んで感じました。その気になれば10巻ぐらいあるサーガにもできそうな話です。タイトルはふざけているようなイメージでありながら、SMAPの曲(詞は宮藤官九郎)を想起させもしますが、作品の最後にしっかり描かれることでイメージはまったく違うものに転じます。読後感◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ますもと・てつろう

ますもと・てつろう

投稿者プロフィール

「かきっと!」の編集長です。記事もいろいろ書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る