著者のみなさまへ 著書の紹介をしてみませんか?

 こんにちは。編集長のますもとです。
 この「かきっと!」では、著者の方々に、ご自身の本を紹介するページを提供していきたいと思っています。
 《著者に聞く》と題した記事で掲載します。

自著であればOK

 紹介できるのは、ご自身で執筆された本、著者として参加している本です。電子出版も含みます。出版社から出ている本はもちろん、セルフパブリッシングでもOKです。
 新刊はもちろん、すでに出ている本でもかまいません。価格がついて販売されている本であればOKです。

 ただし、18禁の本(成人向け)など、かきっと!でふさわしくないと判断した場合は、お断りすることがあります。
 自著であることが確認できない場合も、お断りすることがあります(ペンネームと本人が一致しないなど)。

1問1答形式のアンケートにお答えください

 こちらからお送りした1問1答形式のアンケートにお答えください。そこはご自身でお書きください。
 とくに表現などで問題がなければ、そのまま掲載させていただきます。
 長すぎると判断した場合は、こちらで縮める場合もあります。基本、1問1答ということでご了承ください。

 著者近影、Facebookなどリンク先のURL、略歴も掲載できます。

 こちらの例を参考にご覧ください。

掲載は無料です

 著書がアマゾンで販売されている場合は、こちらで作ったリンクを掲載します。
 他のストアで販売されている場合は、書影をいただければ、そこにリンクをつけます。

プロモーションの側面援護に!

 ご自身で自著を宣伝、プロモーションをしていても、繰り返し感が出てしまうこともあると思います。
 かきっと!へ掲載したページをご自身で拡散することで、少し角度を変えたご案内を読者に提供できるのではないでしょうか。
 また、かきっと!では独自に記事の更新情報を発信しています。新たな読者の目に触れる可能性もあるでしょう。
  例:当編集長のツイッター      フォロワー数 約2900
    行政書士・金融経済ツイッター  フォロワー数 約2600
    本間舜久のツイッター(創作系) フォロワー数 約3000
                    (2017/08/10現在)

あらかじめご了承ください

 取材したり、お話をうかがって原稿にすることまではできません。
 1記事につき、1冊のみの紹介となります。ただし、著者紹介部分で他の本のリンクもつけることがありますが、かきっと!に一任いただきたいと思います。
 アマゾン以外で販売されている場合は、アマゾンで販売している同じ分野の本などを、かきっと!で合わせてリンクを掲載する場合があります。無料掲載のため、広告だと思っていただきたく思います。
 記事内容については、公開時にご確認ください。こちらからURLをお送りします。
 確認後に、ツイッター、Facebookなどで記事について発信します。
 また、公開後も、お気づきの点がありましたら修正を随時させていただきますが、修正のタイミングはかきっと!に一任いただきたいと思います。
 確認いただいた後、公開された記事を取り下げることは、原則としてできません。かきっと!が継続する限り、掲載したいと思います。
 同じ著者の本を何冊も掲載することはできませんので、原則、1年に1冊です。ただし、かきっと!から依頼をした場合はこの限りではありません。
 《著者に聞く》の記事は、確認して公開された段階で、ここに記した条件をご了承いただいているものとします。

 ぜひ、ご検討ください。

 ご質問、お問い合わせは、こちらからどうぞ。
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ますもと・てつろう

ますもと・てつろう

投稿者プロフィール

「かきっと!」の編集長です。記事もいろいろ書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本の応援団

グッドレビュアー
NetGalley(ネットギャリー)に参加しています。

ページ上部へ戻る