River Forest Foggy Forest  - Leolo212 / Pixabay

今日の言葉

001~080は、こちらのアーカイブをご覧ください。

088 視線を高く

できる限り視線は高くしておく。
高いところに目を向けておこう。

そうすれば、
迷うことは少ないからである。
(言志録 88著眼高)
◆◇ ◆◇ 訳者の蛇足 ◆◇ ◆◇

(どこを見て行動するかは、とても重要だ)
◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆

087 サポートの引き際

未熟なリーダーを本気で支えるつもりなら、
リーダーの成長につれて、
力をリーダーに集中させていくことだ。
そして、
サポートが必要なくなれば、自分の本来の役割に専念する。

メリットがいっぱいあるからと、
サポート役をなんとかして続けよう、
などと思わないことだ。
(言志録 87当託孤)

◆◇ ◆◇ 訳者の蛇足 ◆◇ ◆◇

(サポートは必要に迫られて始める。それがいつしか自分の利益のために続けていないだろうか)
◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆

086 未熟さのリスク

未熟な人間がリーダーとなったときの最大のリスクは、
実権がその下の者へ移ってしまうこと。

一度、力がリーダーより下の誰かに移ってしまうと取り戻すことは難しい。

確かに、未熟なリーダーも徐々に成熟していくと期待はできる。
ただ、せっかく成熟しても実権を取り戻すことは困難で、
のちのちまで組織に悪影響が及んでしまう。

たまたま実権を握った下の者が優秀な人物であった場合だけ、
組織はこの悪影響から逃れることができる。
(言志録 86大臣弄)

◆◇ ◆◇ 訳者の蛇足 ◆◇ ◆◇

(だから、誰がリーダーになるかは、組織にとってとてつもなく重要になる)
◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆

085 徳のない政治

正しい方向で政治をするとき、
権力争いは起きない。
徳が中心の政治となり、
力が中心の政治ではなくなる。

権力争いは、
徳のない政治から始まる。

トップに徳のあるとき、
政権は揺るがない。

トップに力だけしかないとき、
下の者に政権を奪われる。

政治を行うなら、
徳と礼を第一に考えておきたい。
(言志録 85邦有道)

◆◇ ◆◇ 訳者の蛇足 ◆◇ ◆◇

(国を動かすだけではなく、さまざまな組織に政治は生じる。政治は権力だけでは成り立たない)
◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆

084 流行に惑わされない

リーダーとして、世の中の事情に
通じていた方がいい。

だからといって、
流行に乗ったりどっぷり漬かる必要はない。
(言志録 84下情)

◆◇ ◆◇ 訳者の蛇足 ◆◇ ◆◇

(リーダーは、いまの流行の先を見通す力をつけたい)
◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆

083 ダメなリーダー

一番詳しい人の言うことは聞かないで、
二番手、三番手の話を信じる。

責任のある人の話を聞かず、
無責任な人たちの話を信じる。

ダメなリーダーとは、
そんな人のことだ。
(言志録 83不信大臣)

◆◇ ◆◇ 訳者の蛇足 ◆◇ ◆◇

(リーダーは自分の欲で情報を選択しない。自分の狡さで人を選ばない。その覚悟が必要とされるのではないか。)
◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆

082 現場への浸透

リーダーになったら、
1から10まで指示するようなやり方は
あまりいいことではない。

それぞれの現場を任せた人が、
きちんと必要な指示を出して実行できるように、
道筋、環境を整えていくことで、
リーダーの存在は現場にも浸透する。
(言志録 82人主事毎)

◆◇ ◆◇ 訳者の蛇足 ◆◇ ◆◇

(リーダーの威厳は結果として生まれるもので、威厳を持たせるためにする行動はかえって威厳を損なうことが多い)
◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆

081 家族の問題

リーダーとして部下を持つと、
家族までも話題になることが多くなる。

リーダーが力を発揮し、人を教え導くためには、
自分の家族に目を向け、問題があれば的確に対応しておきたい。
(言志録 81人君閨門)

◆◇ ◆◇ 訳者の蛇足 ◆◇ ◆◇

(自分ひとりで仕事をしていると思いがち。家族は力にもなるしマイナスに作用することもある)
◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆
 佐藤一斎および「言志四録」については、こちらをご参照ください

 ふわっと口語で愉しむ『言志四録』は、こちらにアーカイブされていきます。

【ご注意】勝手に現代口語に訳すというか、かなり著者なりの言葉になっていますので、ご興味を持たれたら原典にも触れてみてください。

参考:講談社学術文庫 川上正光訳、岩波書店 日本思想体系46「佐藤一斎 大塩中斎」(1980年5月23日第1刷)

著者は現在、M&Aオンラインで連載中です「M&Aに効く『言志四録』」
こちらは連載が完結しています。「M&Aに効く論語」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ますもと・てつろう

投稿者プロフィール

「かきっと!」の編集長です。記事もいろいろ書いています。
業界紙・誌(物流、金融経済、人事マネジメント)、ビジネス誌、ビジネス書など幅広く編集・執筆をしてきました。
ペットケアアドバイザー(愛玩動物管理飼養士二級、2005年度)
行政書士試験 合格(2009年度)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ツイッター

イリヤEブックス

ページ上部へ戻る